相場師朗先生の最新刊「37年連戦連勝 伝説の株職人が教える 株の技術大全」が発売!

あの株職人にして「株塾」を主宰する相場師朗先生が最新刊「37年連戦連勝 伝説の株職人が教える 株の技術大全」(SBクリエイティブ)を発売します!相場師朗先生は、株塾ではペイント練習のやり方を始め、移動平均線などの道具の使い方や、3大トレード技術である「ショットガン投資法」「ショートトレード」「うねり取り」を教えたり、売買シグナルである「下半身」「ものわかれ」「9の法則」などを教えていますが、今回の新刊書籍では、書籍では初公開となる技術も公開されます。「株塾」を受講したことが無い方にとっては朗報ではないでしょうか?ぜひ、この最新刊「株の技術大全」を手に取って頂きたいのですが、その内容についてブログでレビューしたいと思います!



ショットガン投資法やショートトレードのコツが学ぶにはこちらの【無料】メール講座をお試し下さい



詳細はこちらをクリック


37年連戦連勝 伝説の株職人が教える 株の技術大全

今回の相場師朗先生の最新刊は第8弾の著書となります。もう8冊目!?という感じですが、株塾やセミナーでの指導だけにとどまらず、海外(アメリカ、台湾、シンガポール、イギリス、ドイツ、フランスなど)でも講演をしたりしていますが、精力的に執筆作業もされているのですね!

なお、これまでに発売された本は次のとおりです。

・世界一安全な株のカラ売り (ぱる出版)
・一生モノの株のトリセツ (宝島社)
・35年連戦連勝 伝説の株職人が教える!1億円株塾 (SBクリエイティブ)
・株は技術だ! 倍々で勝ち続ける究極のチャート授業 (ぱる出版)
・36年連戦連勝 伝説の株職人が教える!株チャート図鑑 (SBクリエイティブ)
・一生モノの株ドリル (宝島社)
・相場の赤本 チャートで騰がる株完全マスター (宝島社)


私は、相場師朗先生の株塾やセミナーなどで学んできましたので、「書籍をいまさら読むなんて・・・」と思ったりもしましたが、いざ相場先生の本を手に取って読んでみると、「こんなことまで書いちゃうの?」ということが満載で驚いたことがあります。それは、株塾や有料のセミナーでしか教えていなかったことが、書籍でも教えるようになっていたからです。

今回の最新刊本「株の技術大全」でも、書籍で初公開となると言われているのが、「相場式3大トレード」と言われている、ショットガン投資法、ショートトレード、うねり取りの3大技術ですね。



・ショットガン投資法・・・1週間以内の超短期投資。順張り。
・ショートトレード・・・短期投資。順張り。建玉操作の技術が必要。
・うねり取り・・・長期投資。逆張り。建玉操作の技術が必要。


相場式3大トレード技術・ショットガン投資法、ショートトレード、うねり取り

今回の最新刊「37年連戦連勝 伝説の株職人が教える 株の技術大全」ですが、「節目」「7の法則」「高値と安値」などの売買シグナルも教えてもらえます。著書の前半では、移動平均線などの基本技術(道具)の使い方が解説され、そして、後半では売買シグナルなどの実践的な技術が解説される、という流れになっています。

「世界一安全な株のカラ売り」「一生モノの株のトリセツ」「株は技術だ! 」「株チャート図鑑」「一生モノの株ドリル」「相場の赤本」といった、過去の書籍でもたくさんの相場師朗先生オリジナルの売買シグナルが解説されていますが、今回の新刊で初めて登場するのが、「ショットガン投資法」、「ショートトレード」、「うねり取り」の3大技術の解説なのですね。

もともと、相場師朗先生は動画教材にて「うねり取り」を教えていたのですが、逆張りでの売買注文を必要とするうねり取りはなかなかの度胸も必要ですし、どちらかと言えば上級者向けのトレード手法と言えます。そこで相場先生は初心者や中級者でもトレードができるようにと、順張りトレードを基本とする「ショットガン投資法」「ショートトレード」を考案しました。そのトレード技術は、セミナーや株塾などの講義で解説をされています。

そんなスゴイ「ショットガン投資法」、「ショートトレード」、「うねり取り」の3大技術ですが、今回の最新刊「株の技術大全」で解説されることになったのですね!これら3大技術のことをまだ知らない方や、「どれから始めたらよいのか分からない」という方は、この書籍を読んで頂くと大変参考になるのではないかな、と思います!


銘柄選定、チャート選びのコツ

相場式トレード技術を学んだら、練習トレード、本番トレードと進むわけですが、そのためには、銘柄選び(銘柄選定、チャート選定)を行う必要があります。勝ちやすいパターン、トレードをしやすいパターン、自分が得意なパターンでトレードすることで勝率を上げ、有利にトレードをするために必要なことです。


今回の新刊本「株の技術大全」では、トレードで勝つ秘訣として、「ストライクゾーンだけを狙う」「ストライクを狙い撃ち」「手を出さない方がいいチャート」といった、銘柄選定、銘柄選び、チャート選びに役立つ技術についても教えてもらえます。勝てる場面だけでトレードし、難しい場面ではトレードをしない。意外と難しいことではありますが、本書籍を読むことり「待つ」技術を身に付けるとよいのではないでしょうか。


このように、今回の著書「株の技術大全」も、これまでの書籍のように内容盛りだくさんとなっています。そして、相場師朗先生は今でも進化を続けています。株式投資だけでなく、商品先物(ゴールド(金)、原油、コーン、銅、大豆、など)、FX、海外指数などでもトレードをして大きな利益を出しています。このように、ショットガン、ショートトレード、うねり取りの相場式トレード技術を一度マスターすれば、日本株だけでなく、あらゆる投資・トレードに使うことができるのも大きな魅力です。書籍「株の技術大全」を読んで頂き、その技術に触れていただければ嬉しく思います!



さらに相場師朗式トレードのコツを学ぶなら、まずは【無料】メール講座をどうぞ!



詳細はココをクリックして下さい


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする