相場師朗先生の最新書籍「株で月10万円稼ぐ! 相場式 暴落&暴騰で儲ける株のトリセツ」が登場!

株トレードの技術を月2回の講義で教える「株塾」を主宰する相場師朗先生が、「株で月10万円稼ぐ! 相場式 暴落&暴騰で儲ける株のトリセツ」(宝島社)から2020年8月に登場します!相場師朗先生と言えば、ラジオNIKKEIの人気番組「株は技術だ!」(提供:ファームボンド、パンローリング)での軽妙なトークでも有名ですが、株塾でペイント練習のやり方を教えたり、技(鉄板パターン、勝ちパターン)として、「下半身(半分の法則)」「N大」「くちばし」「9の法則」などを教えています。そして、これらの「技」ですが、有料の株塾だけではなく、書籍でも順次公開をしていっているのですね。今回の最新刊「株で月10万円稼ぐ! 相場式 暴落&暴騰で儲ける株のトリセツ」でも、技の解説があるのでしょうか?その内容についてブログでレビューしていきます!



ショットガン投資法やショートトレードを実践する私がトレードのコツを【無料】メール講座で公開中!



詳細はこちらをクリック


株で月10万円稼ぐ! 相場式 暴落&暴騰で儲ける株のトリセツ

相場師朗先生の書籍はこれまで8冊が発売となっています。相場先生は株塾での講義、海外を含めたセミナー、ラジオ番組への出演だけでなく、執筆作業も力を入れられているのが感じられますね!

ちなみに、これまでに登場した書籍は次の通りです。

・世界一安全な株のカラ売り (ぱる出版)
・一生モノの株のトリセツ (宝島社)
・35年連戦連勝 伝説の株職人が教える!1億円株塾 (SBクリエイティブ)
・株は技術だ! 倍々で勝ち続ける究極のチャート授業 (ぱる出版)
・36年連戦連勝 伝説の株職人が教える!株チャート図鑑 (SBクリエイティブ)
・一生モノの株ドリル (宝島社)
・相場の赤本 チャートで騰がる株完全マスター (宝島社)
・37年連戦連勝 伝説の株職人が教える 株の技術大全 (SBクリエイティブ)


私自身、相場師朗先生の株塾にも参加をしていますし、これまでにセミナーにも参加したり、教材を購入したり、としてきましたので、書籍の購入は必要ないのでは?と思われるかもしれませんが、今でも相場先生の本を読み返すことはありますし、新しい書籍を読むときに「そうだったのか~」と新たな気づきを得ることもあります。


また、最新刊の書籍を買って読むたびに「お~、ここまで教えちゃうんだ!太っ腹だな~」と思わされることが多いので、それもある意味楽しみのひとつになってもいます。このように、これまでの書籍でも技(鉄板パターン)をいくつか紹介してきていますから、今回の最新刊でも同じように解説があるのではないでしょうか。そして、その中には新しいワザの公開も含まれるのかもしれません。いずれにせよ、今回の新刊「株で月10万円稼ぐ! 相場式 暴落&暴騰で儲ける株のトリセツ」でも、きっと私を楽しませてくれると思っています!


相場式 暴落&暴騰で儲ける株のトリセツの内容

まず、出版社さんから出ている情報を引用致します。

個人投資家の間で根強い人気を誇る相場師朗氏。
本書はコロナショック後の値動きの激しい株式相場において、「失敗しない」テクニカル売買の基本テクニックを厳選して紹介。
基本的な手法を複数組み合わせることによって、月10万円の利益を目標に儲けを増やすスキルが学べます。
また、取引してけがの少ない銘柄を100掲載するとともに、どんなタイプの株にどのテクニックが有効かを紹介する。
株の運用がうまくいっていない人や初心者でも在宅勤務中やすき間時間に簡単に儲けられるようなトレード術を開陳します。

紹介文の中に、「テクニカル売買の基本テクニックを厳選して紹介」という文言がありますので、これが相場先生の教える技(鉄板の勝ちパターン)なのではないかと思います。これまでの相場師朗先生の書籍でも、「N大(ニチダイ)」「下半身(半分の法則)」「PPP(パンパカパン)」など、たくさんの技が公開されています。今回の新刊「相場式 暴落&暴騰で儲ける株のトリセツの内容」でも同じように技(ワザ)が紹介されるものと思われます。

その際、これまで紹介された技が再度掲載されるのか、あるいは、まだ紹介したことのない新技が紹介されるのか、このあたりは注目だと思います。「株塾の費用が心配で株塾に入塾できないけど、最新の技は知りたい…」という方もいらっしゃると思いますので、今回の新刊「相場式 暴落&暴騰で儲ける株のトリセツの内容」に期待するのは当然かと思います。仮に新しい技が紹介されなかったとしても、これまで紹介済みの技を復習したり、再度学びなおすことで新たな気づきを得ることもできますので、新刊書籍を買って損はないのかな、と思います。


相場師朗先生の技の使い方

今回の最新刊「株で月10万円稼ぐ! 相場式 暴落&暴騰で儲ける株のトリセツ」について、出版社さんから出ている情報の中に、「どんなタイプの株にどのテクニックが有効かを紹介」という文言があります。これは、「これまで相場先生の技を使っているけれども、なかなか結果に結びつかない・・・」という人には良いヒントになるのではないかと思います。

というのは、相場先生の教える技(鉄板パターン)はどれも有効ですばらしいものですが、使い方を間違えるとなかなかうまくいかないものです。もし、技に当てはまった銘柄を機械的にトレードしているのであれば、それはうまくいかなくて当然です。実際に本番トレードでエントリーするかどうかは、最終的に人間が判断しないといけないのですが、その技が当てはまっているかどうか、以外に、いろいろなポイントをチェックする必要があるのです。そうして、負け要素を排除していくことでトレードの勝率が上がり、本当の「鉄板パターン」になるのです。

このことは、文章でお伝えするのはなかなか難しいですが、今回の最新書籍「株で月10万円稼ぐ! 相場式 暴落&暴騰で儲ける株のトリセツ」をお読み頂くことで、そのヒントになる情報が得られるかもしれません。ぜひ、書籍「株で月10万円稼ぐ! 相場式 暴落&暴騰で儲ける株のトリセツ」を読んで頂き、トレード力アップにつなげていただければと思います!


★追伸★
上述の「負け要素を排除していく」ということについては、下記の無料メール講座にて詳しくお話していますので、ぜひチェックしてみて下さい!
 ▼
 ▼
 ▼

【無料】メール講座を読むにはこちらをクリック

詳細はココをクリック


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする