投機オリンピックの種目はうねり取り・ショットガン・ショートトレード?

東京オリンピックのマスコットが決まったそうですね。こういうお話を聞くと、「東京オリンピックってもうすぐなんだな~」と感じずにはいられませんね。

スポンサーリンク


もうあと2年です。

今年が2018年。オリンピックは2020年。もうあと2年です。つい先日まで平昌オリンピックがやっていましたが、

「今年は冬季オリンピックか~」と思っていたのに、
「冬季オリンピック、いつのまにか始まったのね~」と知らぬ間に開会式を迎え、
「冬季オリンピック、もう終わりなんだ・・・」といつの間にか閉会式になっていた。

これは私だけでしょうか・・・?冬季オリンピックより、投機オリンピックの方が気になるので、仕方ないですね^^;

スポンサーリンク


カラ売り投機の出番

しょうもない冗談はさておき、夏季オリンピックに話を戻しますと、2020年が東京オリンピックの年ですが、2019年までは、株価はなんだかんだ言って上昇基調が続いて、その辺りから2020年に向けて、株価は下がっていくんじゃないか、なんていう見方があるそうです。

もしこれが本当ならば、カラ売りでトレードをしまくるときが来るのかな、とワクワクしちゃいますね。頭の中はやっぱり「投機」です。^^;

そうなると、それまでには、カラ売りの仕込みのやり方を復習しておかないといけないですね。上昇3ヶ月後や、上昇6ヶ月後の横ばいの場面で売りを仕込んでいくトレードがそれになりますが、最近、本番トレードでコレをやっていないので・・・。

最近は、QEだとかなんとかで、なかなか下がらない相場環境になっているので、カラ売りを仕込んでも上に持っていかれてしまう、ということが多いこともあって、敢えてやらないようにしているので、しばらくそんなトレードはご無沙汰になっているのです。

下がらない相場環境なので、買いでやっていた方が当然ラクですので、必然的に買いでのショットガンやショートトレードが多くなるのですが、もちろん、売りでのショットガンやショートトレードも時々やっています。売りのトレードも鈍らないようにしないといけませんしね。^^

カラ売りの方が好き?

それから、よく株塾の中で出てくる話題として、「株塾生は買いよりカラ売りの方が好きだ」ということがありますが、真偽のほどは別として、みなさんもカラ売りの方が好きなのでしょうか?

カラ売りの方が早く大きく儲かるから、という理由から来るものだと思うのですが、現物株のトレードで買いに慣れている人は、買いの方がやりやすい、という方もいるでしょうし、いろんな方がいると思うので、得意な方、やりやすい方でやればよいと思いますね。

もちろん、買いだけ、売りだけ、というのはダメです、というかモッタイナイですので、両方やっておくべきとは思いますが、、、

ちなみに、私自身は、どっちでもいいかな・・・、という感じですが、ただ、2019年~2020年になって、カラ売りをガンガンやるようになったら、「カラ売りの方が好きです!」と言っているのかもしれません^^;

今は買いだけのトレードでもそこそこ行けてしまうかもしれませんが、売りがあまりできない方は、2019年~2020年に向けて、今のうちに売りの練習をしておくとよいですね。やっぱり、カラ売りの方が儲かりますので・・・。

そのためにも、「カラ売りの方が好きです!」と言っておいた方がよいのかもしれませんね。^^


相場師朗氏直伝のうねり取り、ショットガン、ショートトレードについては、こちらのメルマガ(無料)で投資結果の報告がありますので、どうぞ。

こちら(無料)

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする