2269明治がフタ付きおいしい牛乳を販売。株主優待は?

2269明治ホールディングスが、蓋付きの「明治おいしい牛乳」を販売して、人気を集めています。なぜ人気があるのでしょうか?それから、明治HDの株主優待はいつ何がもらえるのでしょうか?それを書いてみました。

安売りされる牛乳たち

牛乳の小売価格が10年ぶり安値を記録、というニュースが出ていますね。スーパーマーケットが、特売の目玉商品として牛乳を選んでいることが影響しているのだとか。


私は牛乳が大好きなので、スーパーマーケットに行くと必ず買うのですが、いつも、PB(プライベートブランド)商品が一番安いのですが、それが特に値下げの対象とされているようです。牛乳好きにとってはありがたいことですが、不当廉売を防ぐために、農水省が調査に入るようですね。


その対抗策になるか?プラスチック蓋付き牛乳が登場

牛乳と言えば、紙パックに入った1リットルの容器を思い浮かべますよね。ただ、最近は、プラスチックのキャップが付いた牛乳がじわりと増えてきているそうです。


こんな感じ。


参考画像


写真にある「明治おいしい牛乳」の場合、従来の1リットル入りが900ミリリットル入りになって、価格はそのままとのことですので、実質は少し値上げになっていますね。それでも、売れ行きは好調なのだそうです。


その理由ですが、
・開封しやすい
・注ぎやすい
・使いやすい
・風味を損なわない

といった理由があるそうです。


ただ、個人的には、キャップ付き牛乳パックの場合、捨てるときに、洗うときに洗いにくいですし、プラスチックのフタと紙を分別をするのも面倒だと思いますね。それでも支持が広がっているというのですから、今後、スーパーの牛乳売り場がどうなっていくのかを注目してみたいと思います。


2269 明治ホールディングスの株主優待は?

さて、「明治おいしい牛乳」を販売しているのは明治ホールディングスという会社ですが、2269 明治ホールディングスは、JPX400の構成銘柄でもあり、日経平均株価の採用銘柄でもある、超メジャーな銘柄ですね!


そのため、相場師朗先生の教えるうねり取り、ショットガン、ショートトレードのトレード対象銘柄としてももちろん問題ない銘柄です。


ところで、もともと、明治乳業が牛乳を販売していたのですが、2009年に明治製菓と統合し、現在は明治ホールディングスになっています。


そして、気になる株主優待ですが、お菓子などがもらえるようですね。権利確定月は3月末の年1回です。ただ、株価に対してもらえる優待品の量(金額)が少ないですので、株主優待利回りが低いのが残念ですね。



相場師朗氏直伝のうねり取り、ショートトレード、ショットガンのことを学ぶ無料メール講座はこちら!



詳細はこちら


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする