YouTube規約変更!ユーチューバーの広告費収益はどうなる?

先日、YouTubeの規約で大きな変更がありました。・・・と言っても、YouTubeで動画を視聴する側にとっては影響の無いもので、YouTubeに動画を投稿して広告費から収益を得ている、いわゆるユーチューバーに大きく影響がある変更でした。

YouTubeの規約の変更内容は?

どんな変更内容かと言いますと、下記の条件を満たさないYouTubeチャンネルにはお金(広告費)を払いませんよ、というものです。



▼チャンネル登録者数1000人以上。
▼1年間(12ヶ月)で4000時間以上再生。


この条件ですが、今すでに人気になっているチャンネルであれば、全然影響の無い条件ですが、まだ人気の出ていないチャンネルにとっては、ちょっと辛い条件かな、という感じです。ただ、視聴者に喜んでもらえる動画を継続的に配信して、真面目にチャンネル運営をしてれば、この条件はそんなに厳しい条件ではないです。

一方、コピペ動画や、著作権を無視した動画をアップして広告費を稼いでいたチャンネルにとっては、この条件はアウトになるでしょうね。つまり、インチキな方法でYouTubeで稼ごうとしていたチャンネルは排除されるというわけです。

そう考えると、YouTubeを見るだけの側の人間にとっても、これはプラスの影響があるはずで、しょうもないチャンネル、役に立たない動画はどんどん淘汰されて、有益なチャンネル、役に立つ動画だけが残っていくはずですね!

YouTubeを視聴していると、よくあるじゃないですか。「この動画面白そう!」と思ってクリックしたら、思っていた内容と全然違う動画が流れてガッカリすることが。^^;そういうことが、今後はだんだんと無くなっていくはずです。

選別されて残ったチャンネルへの影響は?

そして、役に立たないチャンネル、インチキな動画をアップしているチャンネルが無くなっていくことは、真面目に運営しているチャンネルにとっては大きなプラスになりますね。これまで、視聴者がダメなチャンネルの動画に散らばっていたのが、真面目に運営している優良な動画に集まってきますので、真面目に運営しているチャンネルの視聴回数がUP⇒広告収入がUPとなるわけです。ですから、YouTubeに動画を投稿しているユーチューバーの中にも、「これはチャンス!!」と思っている人も多いでしょうね。

動画を作成し、YouTubeに投稿するユーチューバーは、動画がたくさん再生されることで広告収入がYouTubeからもらえ、それで儲かるというわけですが、やっぱりお金を稼ごうと思ったら、マジメにやっていないと長続きしない、ということです。インチキな方法で楽をして稼ごうと思っても、一瞬だけは稼げるかもしれませんが、やっぱりそれは短期間で終わってしまうのですね。悪銭身につかず、でしょうか。

株式投資だって同じ。

株式投資も、ある意味お金を稼ぐというところでは、インチキな方法で楽をして稼ごうとしても、うまくいってもそれは一瞬で終わり、長続きしないものだと思います。長く継続的に利益を出し続けようと思ったら、まともな方法で、勉強を続けて、練習を続けて、まじめにやらないといけないのでしょうね。

そういう意味でも、相場先生の教えるうねり取り、ショートトレード、ショットガンは、練習&勉強&鍛錬が基本(?)ですので、日々、勉強や練習をしていると安心できるのですね。これをやっていれば、きっと利益を出し続けられるはず…!と。ただ、漫然と練習していたり、進歩なく同じことをダラダラとやっていてはダメな部分もありますので、常に新しい情報をインプットしていかないといけないと思います。

相場師朗先生も、あれだけ株で儲けているのに、それでも勉強、研究を続けていることですし、また、セミナーや株塾の講義でより分かりやすく教えるにはどうやったらよいか、どうやったらもっと弟子たちが利益を出せるようになるか、ということを考えているのですね。常に進化です。

せっかく相場先生が新しい情報をインプットして下さるのですから、それをちゃんと受け取って、私たちも常に進化していかないと・・・ですね!^^



相場師朗先生が教えるテクニックを実践したトレード結果報告をメルマガ(無料)で配信中!



詳細はこちら


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする