システムトレードと裁量トレード、どっちがいい?

株やFXのトレードには大きく「システムトレード」と「裁量トレード」の2種類があります。どちらの方がよいのでしょうか?それを考えてみました。

スポンサーリンク


システムトレードと裁量トレード、どっちでもいいじゃないですか!

みなさんは、「システムトレード」と「裁量トレード」どちらの方が良いと思いますか?

私は、どっちでもいいと思います。なぜなら、儲かるトレードならどっちでもいいと思いますから^^;

・・・といきなり結論を書きましたが、これだけでは納得してもらえないと思いますので、この後その補足をしていきたいと思います。

その前に、まずは「システムトレード」と「裁量トレード」の違いをお話しないといけませんね。

簡単に言えば、「システムトレード」は、事前に決めておいたルールに従って淡々と売買トレードをすることで、「〇〇のテクニカル指標がいくつになったら買い!」というような感じです。

一方の「裁量トレード」は、株価チャートやテクニカル指標を見て、人間が判断をして売買をすることです。よく言えば、臨機応変に対応していると言え、悪く言えば感覚で対応しているとも言えます。

それで、なぜ私が「どっちでもいいじゃん」と結論を書いたのかと言いますと、システムトレード、裁量トレード、それぞれの方法のトレードで儲かっているからです。

システムトレード、裁量トレード、それぞれの方法で、うまくいかずに損失を出したものももちろんあります。いろいろなトレード手法に手を出してきた経験がありますので、どちらも実際に体験してきましたから。。。

そういう試行錯誤を経て、システムトレード、裁量トレード、それぞれの方法でうまくいくものに出会うことができましたので、両方の方法で平行してトレードをしているのが現状です。

ですから、「システムトレードと裁量トレード、どっちをやったらいいんだろう?」「どっちの方がいいのだろう?」と迷っている方がいらっしゃいましたら、とにかくうまくいく方をやればいいですよ、とお伝えしたいですね。

とはいえ、どちらかに絞りたい、という方もいらっしゃるかと思います。システムトレード、裁量トレード、それぞれについて、良い点・悪い点がありますので、そこから自分に合う・合わないがあるかもしれませんからね。

そういう方のために、それぞれの良い点、悪い点を順に見ていきたいと思います。これについては、次の記事で紹介しますね。

スポンサーリンク


まとめ

システムトレードと裁量トレード、どちらが良いのか?については、結論は「(儲かるなら)どっちでもいい」となります!これは、私の実体験に基づく結論です。

また、それぞれの良い点、悪い点も知っておいて損はないと思いますので、それについては、次の記事で書きたいと思います。

以上、参考してください!

それでは、また!

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする