株価暴落発生時の技術的対処方法とは?

株式投資で暴落が発生したとき、メンタル面での対処方法もありますが、技術的対処方法ももちろんあります。それを書いてみます。

スポンサーリンク


暴落時の技術的対処方法

「暴落が発生したら落ち着いて対処しましょう・・・」というのは、まあ至極当たり前なアドバイスですね。「そんなこと分かってるわい!!」と思う方もいらっしゃるかと思います。

このアドバイスももちろん間違いではなく、暴落により損失が出た場合は、落ち着いて対処することで損失を最小限に抑えることができますので、これはこれで大事なことです。

ただ、メンタル的なお話だけでなく、技術的な対応方法も知っておきたいところです。これを知っておけば、「暴落は嫌だ!」「暴落は怖い!」というイメージから、「暴落が来ないかな♪」というイメージに変わるかもしれません。

その技術的な対応方法ですが、とてもカンタンなことです。それは、「カラ売りでのトレードができるようになっておくこと」です。

カラ売りのトレードを既に実践されている方ならお分かりかと思いますが、カラ売りのトレードは利益も大きく、利益の増え方も速いです。それは、株価は上昇よりも下落のスピードの方が速い

それゆえに、カラ売りでトレードもされている方は、買いのトレードよりも空売りのトレードの方が好きだ、という方も多いのではないでしょうか?(私もそうです)

そして、もう一つ面白いのは、カラ売りでトレードをしていると、暴落がいつ起きるのかが分かってきます。もちろん、ズバリこの日に起きる、というのは分かりませんが、「そろそろ危ないな」というのが分かってくるのです。いつも下落を狙っているからこそ、嗅覚が優れてくるのでしょう。

「そろそろ暴落が来るかも」というのを知っているだけで、暴落のダメージをかなり軽減することができます。それに加えて、空売りで仕掛けることができますので、反対に利益を取ることができてしまいます。しかも大きな利益を。

プロのトレーダーはもちろん空売りでのトレードをしていますし、買いでの利益よりも、カラ売りでの利益の方が多いと言われています。相場の状況にもよりますが、これは合っていると思います。

カラ売りのトレードをすることで、利益も増えますし、暴落の予兆を掴んで、買いトレードの損失を軽減させることもできる。まさに一石二鳥とはこのことです。

カラ売りを行うには信用取引が必要ですが、信用取引によってレバレッジをかけることができますので、資金効率を上げることにもなります。まさに良いことずくめですね。

「信用取引は危険」ですとか、「カラ売りは危ない」というような言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、カラ売りをしない方がよっぽど危険だと思います(笑)

カラ売りでのトレードをやったことが無い方や、空売りをやったことはあるけれどもまだ積極的に使いこなせていないという方は、この機会にぜひ取り組んで頂けたらと思います!

スポンサーリンク



まとめ

カラ売りでのトレードを取り入れることで、暴落のダメージを減らすばかりでなく、反対に大きな利益を生むチャンスを得ることができると言えます。ぜひ、空売りでのトレードを積極的にやっていきましょう!

それでは、また!

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする