投機と投資、どっちがいい?

「投機」と「投資」、みなさんはどちらで株式投資トレードをされていますか?「投機」と「投資」のそれぞれについて、どっちが良いのかを考えてみました。

スポンサーリンク


投機と投資の違い

みなさんは、株式投資において、投機をしていますか?投資をしていますか?私はと言えば、完全に投機の方です。

なぜなら、私の場合、トレードにおいてファンダメンタルズはほとんど考慮していませんし、四季報を読むこともありません。基本的に、株価チャートを見て、ローソク足や移動平均線の状態を見たり、テクニカル指標の数値を見て、トレードの判断をしているからです。

さらに、スイングトレードを基本としてトレードしていますが、数日で手仕舞いするものが多いですし、当日手仕舞いするデイトレードになることもしばしばです。ですから、私のトレードは完全に投機ですね。

ちなみに、私の友人は投機ではなく「投資」の方ですね。その会社の成長性を見たりしてトレードをして、長期間保有をしています。空売りだってしませんし、現物株で購入して優待や配当も受け取っています。

私はこんな友人を尊敬しています。なぜなら、株を長期間保有できるほどの忍耐力は無いですし、会社の成長性なんてわかりませんし、あまり興味がないというのが正直なところです。自分のできないことをできる人のことは尊敬してしまいますね。

話がそれましたが、話を戻しまして、「投機」と「投資」はどちらの方がよいのでしょうか?

これも結局、「儲かっているならどっちでもよい」というのが結論だと考えます。

前述の友人は「投資」で利益を出していますし、優待ももらって喜んでいます。一方の私は「投機」で利益を出しています。どちらも儲かっているので、どちらでもよいのです。

ただ、それぞれ実施する人にとって合う・合わないがあると思いますので、それで判断したらよいと思います。

私の場合、「株式を長期保有するほど忍耐力が無い」という気性がありますので、「投資」はやらない方が賢明です。もし「投資」をしたら、損失を出してしまう可能性大です。

私の友人も、「投機なんて無理!」と言っていたので、「投機」はやらなくてきっと正解でしょう。

私の友人が「投機なんて無理!」という理由は分かりませんが、私は投機が楽しくてしょうがないです。

株価チャートを見ること、その先を読むこと、テクニカル指標を見ること、トレードをしてその数日後に出てくる結果を見ること、それが楽しいのでしょうね。さらに、それで利益も付いてくれば、そりゃ楽しいに決まっていますよね。

みなさんは、どちらの方が楽しいですか?

スポンサーリンク


まとめ

「投機」と「投資」どちらが良いのか、については、「儲かっているならどちらでもよい!」が結論になります。

あとは、自分に合うやり方でやるのが良いですね。

それでは、また!

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする